住所:東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルA館2階

地図
ご予約はこちら

港区 人間ドック 健診 がん検診 浜松町 大門 芝公園 マンモグラフィー CT 内視鏡|芝パーククリニック

トップページごあいさつ医師の紹介施設概要地図・交通案内ご予約フォーム

【内科】
 9:30~11:45
 14:00~16:15
第2・3・5土曜日
 9:30~11:45
休診日
第1・第4土曜・日曜・祝日
その他の科はこちら>>

月~金曜日
15:00~16:30

MOBILE SITE

お知らせ

トップページ»  お知らせ

平成29年度人間ドック等の内容について

拝啓  時下ますますご清祥のこととお慶び申しあげます。
 平素は、当院の人間ドック等の健康診断をご利用いただき誠に有難うございます。
当院では、人間ドック等の健診体制、フォロー体制など、より精度の高い健診を目指し、
健診者に対するホスピタリティの向上にむけて、平成29年度は以下の通り取り組んで参りますので、
よろしくご協力の程お願い致します。
敬具

 
  1. 婦人科検診の対応について(平成28年5月より)
    「子宮頸部細胞診」の検査方法を診断精度の高い液状化検体細胞診(LBCスメア)に変更しています。
    従来の直接塗沫法による細胞診に比べて異形細胞の検出率が向上します。
    この変更に伴い採取器具が専用ブラシに変更になりました。

  2. 最新マルチCT(64列)の導入について(平成29年5月より)
    これまでの4列から64列マルチスライスCTに入れ替えます。より広範囲の撮影が短時間にて行えます。
    現在、肺CTの息止め時間は約20秒ですが、7秒程度に短縮されます。
    また撮影時間が短くなることにより被曝線量も現在の約三分の一に減少しますので、健診者の負担軽減になります。
    画像処理については、現在の水平断面像に加え、横切り断面像や縦切り断面像など多様な画像での診断ができ、
    より早期の病変の検出が可能となります。
    年度途中のため、平成30年度より料金を下記に改定いたします。
      ・胸部CT  新料金9,000円  (旧料金7,000円)   
      ・腹部CT 新料金9,000円  (旧料金8,000円) ※税別

  3. 動脈硬化指数検査の検査方法変更について(平成29年4月より)
    動脈硬化の検査としてASI検査(動脈の硬化度指数)を実施していましたが、4月よりABI検査に変更します。
    ABI検査は、両足首と両上腕の血圧を測定し、その比率(足首収縮期血圧÷上腕収縮期血圧)を計算したものです。
    動脈の内膜にコレステロールを主成分とする脂質が沈着して内膜が厚くなり、
    粥状硬化ができて血管の内腔が狭くなる「アテローム動脈硬化」の程度、血管の狭窄や閉塞などが推定できます。
      ・ABI検査  3,000円(税別) 

  4. がん検診と当院の実績について
    当院では人間ドックのオプション検査として、がん検診に力を入れています。
      ・胃内視鏡(カメラ)検査 平成28年度実績  9,434人
      ・CT(肺・腹部)検査 平成28年度実績 4,325件
      ・大腸内視鏡(S状結腸)検査  平成28年度実績 405人
      ・乳房超音波検査 平成28年度実績 4,435人
      ・マンモグラフィ検査 平成28年度実績 3,723人
      ・婦人科超音波検査 平成28年度実績 672人
      また、脳ドック、子宮卵巣MR検査は、764件の実績がありました。

  5. 人間ドック宿泊先ホテルの変更(平成29年4月より)
    この1年間、東京プリンスホテルの全面改装(営業停止)に伴い、
    「ザ・プリンス パークタワー東京」を利用してまいりましたが、
    平成29年4月の改装オープンに伴い、宿泊先を従前に戻します。
    豊かな緑に囲まれた静けさと、新しくなった東京プリンスホテルにご期待下さい。

  6. 胃X線検査の禁忌条件について
    胃X線検査を受診されない方がよい方 <胃カメラ検査の受診をお薦めします>
     ・潰瘍性大腸炎、クローン病、腸閉塞などで治療中または既往がある方
     ・急性虫垂炎(盲腸)、大腸憩室炎などでお薬による治療を受けたことがある方
     ・胃における全摘手術、膵臓や胆管の手術既往がある方
     ・透析中の方
     ・心臓疾患の手術後1年以内、または心臓の発作が出て1年以内の方
    ※但し、上記に該当しても事前に主治医からの許可がある方は検査が可能です。
    健診前に主治医に胃X線検査の可否を御相談されることをお薦めします。

今後ともお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。